ライター・コマツマヨのブログ

ライター・コマツマヨのブログです。主に女性向けの情報サイト、HPライティングなど、ライティング全般に携わっています。お仕事のご依頼はメッセージにてお待ちしております♪

勝手に人の家の裏口から家の中入ってくる大工さんに気をつけて

コマツです。

最近家を買いまして、リフォーム中です。

 

私は金物屋の娘として生まれました。

お鍋ややかんを売っている荒物屋ではなく、

建築用の電動工具や機械を売っている金物店。

そのため、お客は大工さん、鳶職さん、左官屋さん、工務店さん、サッシ屋さんなど。

現場系の肉体労働者の方々ばかり。

 

なかでも、うちのお客の半分以上は大工さんだったので

毎日のように大工さんを見て育った。

 

 

今でこそ若いにいちゃんがヤンキーあがりで頑張って大工さんしているようなイメージが強いけれど

 

昔の、具体的には約20年前に現役だった大工さんといえば

 

だいたい歯が抜けてて

顔が真っ黒で

あんまり何言ってるかわからなくて

留守番中の子供相手に「おやっさんいつ帰ってくんのど!!(お父さんいつ帰ってくるのかな?)」と怒鳴り(別に怒鳴る必要はどこにもない)

電話に出れば「おやっさんかわらんけ!(お父さんに代わってくれるかな?)」と怒鳴り(別に怒鳴る必要はどこにもない)

だいたい帰った後は玄関(店先)が謎の泥だらけ

 

というものだった。

ヤンキーとか怖い人とかそういうんじゃなくて

なんというか、ガサガサした人ばっかりだった。

山ほど大工見てきた私がいうのでこれは間違っていない。

 

 

 

自宅のリフォームをお願いしている工務店さんに勤務する大工さんは

そりゃもう愛想がよくて身なりも綺麗で、現場の中は整理整頓されてて(一人で作業しているのに)

使う道具も全て並べて配置されてて

フローリングを貼った後の家の中は靴下で歩けるほどいつも綺麗に掃除されてて(土間や庭はもちろん靴だけど)

近くをとおったときにちらっとのぞいただけなのに、作業の手を止めて今の進捗状況などを細かに説明してくれる。

もちろん、こちらが帰るまで気持ち良い対応をしてくれてる。

 

こちらは施主なんだから当たり前と言えばそれまでかもしれないけれど

今まで私が見てきた大工はみな、

 

現場はひっ粉(木を削った後の粉)まみれ

服も頭もひっ粉まみれ

日曜日(定休日)の早朝にピンポンピンポン鳴らしまくる

ドロドロのズボンで畳の上に座る

店先にタバコ捨てていく(放火かよ!)

 

 

中でも一番インパクトがあったのが、

定休日の日曜日に一人で留守番をしていたときに

普段使わないためつっかえ棒でつっかえをしているはずの裏口の戸がガゴンガゴン!と音を立てて開いて

何事かと思って腰が抜けそうなほど驚いていたら

フローリング(もちろん土足厳禁)に土足で乗り込んで一言

 

「開いとるけ??(今日はお店は開いてますか?)」

 

 

いや、定休日やし!!!!!

 

 

 

そう、私の大工のイメージはこんなものばかり。

だから今自宅を担当している大工さんが神様のように見えて仕方ない。

あんなニコニコ清潔で丁寧な仕事ぶりで、私の家まで建ててくれてて

もう神様の使いに違いない。

 

 

 

でも気をつけて、みなさん。

ど田舎の山奥で仕事をしている大工さんの中には

まだ定休日の金物店の裏口の戸をこじ開けて土足で乗り込んできて

「開いとるけ??」

と言ってくるぶっ飛んだ大工さんも

いるかもしれませんから。

 

 

 

※このストーリーはノンフィクションですが、全ての大工に当てはまる事象ではなくごく少数の、もしくはある特定の大工の話です。そして作者の幼い頃の経験に基づきます。

私のブログは面白くないですよ

うむ、自分で言うのもなんだけど

私という人間は結構面白い。

文章はそんなに面白くないかもしれないけれど(おい)

とにかく私と会ったことがある人は、嫌いという人はいるかもしれないけど、

普通 とか なんでもない人 なんていう人はいないのではないかとちょっと自信がある。

 

しかし、

そんな面白いはずの私が日々綴っているこのブログ

 

 

 

全然面白ない……

 

うーん、なんかどうやったら面白いこと書けるんだろうか

ライターなのに自分のことが一番ちゃんとできてないっていう

よくありがちな、これも決して全然面白いと言えないパターン。

 

 

うーん、どうにか面白くできないだろうか。

 

 

 

 

あーまたもう、どうでもいい面白くない話でブログが終わってしまう!!

 

 

 

みなさん、私のブログなんて所詮面白くもなんともないですよ。

ブログのデザインを変更しました

そろそろ春の足音が聞こえてきそうだな……

と思ったので、

一足早くブログのデザインを春っぽい感じにチェンジしてみました。

 

普段から花柄アイテムを持つことが多い私ですが

春は特に花柄を持ちたくなるので

ブログも大好きな花柄に。

 

 

言っとくけど、ボタニカルって流行る前から私ボタニカル柄好きやけんね!

私の方が先だけんね!

 

ということで、今日はこの辺で。

関西人のめっちゃリアルな関西弁を勉強したい人いませんか?<関西人のネイティブ関西弁レッスン>

わたし、どこ行っても

「すっごい関西人って感じだよね」

「私がイメージしてた関西人ってまじこんなの!」

と言われるんですよね。

なんなら、同じ関西人にまで

「マヨってほんまめっちゃ関西人よな!」

と言われるんです。

 

どういうこっちゃねんと思いますが、九州出身で10年以上関西で働いている人でもなかなか上手くなれない微妙な間やイントネーションが難しい関西弁。

みなさんテレビで毎日のように関西弁聞いてるからなんとなく話せるようになるきがすると思いますが

いざ話してみたらめっちゃ難しい関西弁。

テレビで関西人の役をする俳優さんの関西弁も、ネイティブじゃないとやっぱどこか違和感。

 

 

よっしゃ、このベストオブ関西人の私がなんか面白いことやってみよう!

ってことで……

 

 

↓関西弁おしえまーす↓

 

タイムチケット「関西弁が上手になりたい人、ネイティブ関西人が会話指導します!」with コマツ マヨ 30分1500円〜 @Skype、チャットワーク,インターネット | TimeTicket[タイムチケット]

 

関西弁は本ではなかなか学びにくいもの。

別に関西弁話せなくてもいきていけますけど、

なんとなく関西弁が上手くなりたい、関西人に絶妙なイントネーションを教えて欲しい

外国人の方が本国で関西弁を披露したいなどなど

なんとなく関西弁かじりたい人に向けてレッスンしてみたいとおもいます。

 

楽しく関西弁でお話ししながら、みなさん関西人ぽくなりましょう!

 

 

私のお友達関西人ばっかりだから需要ないかもしれないけど……(笑)

私だって50万アクセスとか稼いだことあるんだぜ! 

ほそぼそとライターやってるコマツですが

私だってたまにはちょっとだけ自慢したい時もあります。

 

たとえば、某大手サイトで月間MVPとったよ!とか。

 

 

この記事、月間で50万アクセス超えだったよ、とか。

 

venustap.jp

(トータルはまだ伸びてると思うよ!とか)

 

WEBライターのお仕事している以上、アクセス数は非常に大事。

ほそぼそやっているけれど、たまにこういう人にちょっと自慢したくなるようなことがあると

明日も頑張ろうと言う気になります。

 

 

近々、こんな私のライターとしての経験をなにか活かせるような企画を考えています。

どれだけ需要があるのかはわかりませんが、まずは3人くらい興味を持ってもらえるところから始まればいいなぁなんて思います。

 

頑張ります。

 

 

 

接客が上手くなりたい人に読んで欲しいと思ってせっせと書いています

最近noteフル活用しておりますコマツです。

新しくコラムを追加しました。

 

note.mu

今回も、接客がちょっと未熟な人に当たった時、もしくは気の利かない人に当たった時のあの微妙な空気、そしてもやもやっとした気持ちになるのを避けるために

こんなこと書いてみました。

やらなくても別に損しないけど、やるとやらないでは大違いってこともあります。

 

 

ちなみにマガジンはこちら。

note.mu

子供を母親の所有物のように思っている人に限ってこう言う(コマツ調べ)

note.mu

ノートにも載せています。

 

 

 

 

子供が苦手です。

というと、

「じゃぁ一生子供は作らないんだね?」

とトンチンカンなことを今まで散々言われてきた。

いやいや、子供が苦手なのは私であって

うちの両親も子供が嫌いではないし、将来夫になる人もその両親も子供が欲しいと思う人たちかもしれないのに

「子供苦手=産まないのね」と安直な考えに行き着く人の多さよ。

子供は家族のものであって、母親一人のものでは無いので

私一人の意見で子供を作らないとか言うわけにいかないでしょうよ。

「あなた自分の旦那さんが子供苦手だったら子供諦めます?違うでしょう?」と言いたい。

子供をさも母親の所有物のように考えている傾向が強い人ほどこう言うこと言う人が多い。(コマツ調べ)

 

あ、断っておくと、もちろん自分の人生の中に不要と思う人は子供なしでいいんですよ。(こう言っておかないと「じゃぁ子供が欲しく無い人の人権は!」とか言い出す人もいるのでね)

 

 

自分の人生に子供のいない人生もありだと思ってて。

というと、

「大丈夫、自分の子供ができたら絶対変わるから!」

となんだか励ましてくれるトンチンカンな人も多い。

いやいや、私誰もあなたに「子供が嫌いなんだけど将来産んで好きになれるかしら、育てられるかしら」と相談してないですし。というか悩んでないですし。

世の中の無計画な人たちや、結婚=妊娠と思い込んでいる安直な人たちとは違い

子供を産むことがどれほど大きなことかということを認識しているつもりだから

自分が子供を産み育てる覚悟ができるまで産みませんし、決意したからにはそりゃ立派な人間に育てるために全力を注ぎますよ。

だって、それが母性ってやつでしょ?

お腹の中にいる子供に話しかけることこそが母性と思い込んでいる人ほどこう言うこと言う人が多い。(コマツ調べ)

 

 

子供が嫌いです。

というと、

「えー虐待とかしないでよ?」

とか、もう頭沸いてるとしか思えないこと言ってくる人もいました。

いや、虐待って自分が思い描いていた通りにいかないくて子供に牙を向けるわけでしょ?

そういうのないように、相当の覚悟決め込んでから子供産みますから。

それが親としての責任感ってやつでしょうよ。子供をマスコットのように思っている人ほどこう言うこと言う人が多い。(コマツ調べ)

 

 

そうしていま、

子供のためにできる限りのことをやってあげると

「あなた子供嫌いとか言ってたのに〜」

と揶揄してくる人が多いです。

子供の人生は子供の人生。親がイベント苦手でクリスマスとか誕生日とかすっかり忘れちゃうタイプの人であっても、子供にまでそのスタンスでいっちゃいけない。

しきたりとか伝統にどれほどこだわるかは人それぞれでいいとは思うけれど

この成長を願う儀式として古くから日本で行われていることは、我が子にも一通りさせてあげたいと思う。

それが自分にとって不要であったかどうかは、自分で経験し大人になった時に自分が判断すればいいこと。

 

 

「やっぱりあなたも親なのね」

とも言われたりする。

いやいやいや、「やっぱり親なのね」ではなく「立派な親になるために頑張って毎日過ごしているんですよ」と言いたい。

自分と子供、どちらも大切にしていきたいから

自分のエゴで子供をほったらかしたり、親の都合で夜遅くまで出かけたり、

親の勝手で食事の時間がずれたり離乳食や離乳の時期をずらしたり

そう言うことをしないように頑張っているんですよ。それが親だと思うもの。

 

 

でも、ふたあけてみると子供溺愛している人の中には結構親の都合で子供を振り回している人いるんだよね。びっくり。

自分が親になるまで、こう言う人って子供あんまり好きじゃなくてできちゃった結婚とかした人だとなんとなく思ってたけど

大好き大好きって可愛がりまくってても平気でそんなことしてる人が多くて驚いた。

 

 

結局こう言う人たちは、子供を母親の所有物のように思っている人が多くて

そして私にこれらのことをポンっと言ってきた人たちに多かった。

 

あくまでも、コマツ調べ。

 

最近書いたコラムをご紹介させていただきます【掲載記事紹介】

今日はコマツです。

幅広くライター業をしております私ですが、

今回は最近掲載されましたWEBコラムをザザーッとご紹介させてくださいまし。

 

しつこいようですがこのコラム面白いよww

venustap.jp

見ててイライラするタレント多い。本業じゃないにしても、頑張ろうぜ。

venustap.jp

バレンタインデーには嫌われるプレゼントを送らないように気をつけて。

venustap.jp

「夫バツイチで〜」とかもう全然驚きも何にもしなくなったよね。

venustap.jp

ぐふふ、ゲスなこと書いちゃった……

あ、あびる優もだってさ。

venustap.jp

 

 

みなさんのおひまを潰せると幸いです。

ライターの仕事ってどんなものか理解されにくいことが多い。だから美容師で考えてみた。

いま、ライターっていろんな人がいます。

ブロガーもライターて呼べないこともないし、まとめサイトをまとめているキュレーターと呼ばれる人をライターだと思っている人もいる。

なかには、WEB専門のライターはライターなんて認めないという人もいる。

ライターですっていうと小説家ですかと言われることもある。

 

というややこしく知名度が低い、しかも誰でも自己申告で簡単になれちゃうライターという仕事。

私のライターという仕事はどういうものか、美容師さんに重ね合わせて考えてみました。

note.mu

ガッキーが言っていた「妊娠は女性にとって神聖なものなんです!!」って言うのは大嘘です

 

 

親としての実感が湧くことまで、他人と足並みを揃えなくていいですよ。

 

ガッキーが言っていた「妊娠は女性にとって神聖なものなんです!!」って言うのは大嘘です|コマツマヨ(ライター)|note

 

 

そんなことが言いたくて書いてみました。