ライター・コマツマヨのブログ

ライター・コマツマヨのブログです。主に女性向けの情報サイト、HPライティングなど、ライティング全般に携わっています。お仕事のご依頼はメッセージにてお待ちしております♪

福山さんの結婚で、「仕事を休む女性が続出」のネタはもう古いですよ

こんにちは、コマツです。

最初に言っておきますが、このブログはしがないライターが独断と思い込みと偏見を織り交ぜて好き勝手にブツブツつぶやいているブログです。

ご了承ください。

 

 

さて、

昨日の突然のニュースに、日本中が震撼しましたよね。

そう、福山さんの結婚です。

 

あまり「日本が震撼」とかチープな表現は好きではないんですが(仕事では使いますが)

ファンの人もファンでない人も、どうでもいい人もどうでもよくない人も

とりあえず「えっ!そうなんだ!」と意表を突かれたに違いないありません。

 

 

以前向井理さんや西島ナントカさんが結婚した時に、

 

「女性たちがショックのあまり会社を休むと宣言する人続出!」

 

みたいなフレーズが話題になりましたよね。

SNSなどの気軽な発信から、コラムでも多く取り上げられて

一時社会現象かと思うほど話題が盛り上がりました。

まぁ今回も同じように

 

「福山さんの結婚でショックを受けた女性たちが続出!」

 

という見出しがポロポロ出ています。

プロのライターさんやブロガーさんたちが、先陣切ってツイッターなどで投稿していますよね。

 

 

でも、今回はそうじゃないと思うんですよ私は。

 

というか「女性がショック受けた!」なんてのはもうこないだ再三使ったやん!ていう、二番煎じ三番煎じ感がものすごくあります。

 

 

今回は、以前の男性たちとは1段も2段もレベルの違う福山雅治さんです。

いや、向井理とか西島ナントカさんが三流俳優だ…ということではなく、

福山さんはなんとなく”福山さん”という確固たるジャンルを築いているというか、

ただの俳優さんでもアーティストでもなく、真っ先に「福山さん」が前に出るような

唯一無二の固有名詞のようにもなっていると思うんですね。

 

なんだろな、その辺の俳優だったら

向井理ってひといるやん?」

「あぁ、俳優の人ね」

となるけど、

福山さんだったら

「福山さんってさ…」

「あぁ、俳優の福山さん?」

という感じには、絶対にならないと思うんですね。

もちろん普通の俳優さんで歌手でタレントさんなんですけどね。

 

ということで、福山さんは福山さんを確立してるので

そんな福山さんが結婚したことにまず世間が驚きですよね。

 

ということは、女性ファンやにわかファンだけでなく

どうでもいい人も

「えっ!そうなんだ!」

と興味・関心・驚きなどなど様々な感情を抱く人もいるわけですよ。

それも結構多く。

 

 

話は戻りますが、

今回福山さんの結婚のニュースが某ワイドショーで速報で流れた時に

司会者やコメンテーターの男性が口をあんぐり開けて唖然としていたんですね。

なんだか言葉が見つからないというふうに。

印象的だったので、他のニュースも見てみたんですが

今までのように「ついに結婚されましたねー」「最後の独身男性とも言われた〜」のような思いつく限りのありきたりな言葉があまり使われてなかったんですね。

そのなかでやっぱり男性陣(特におじさん)が驚きました〜というコメントをたくさんされていて。

気になった私は、ツイッターまとめサイトなんかも見ていたら

「なぜか会社の上司(おじさん)が悔しがってた」

「お父さんがなんとなく沈んでいる」

「会社の男の子たちも話題にしていた」

などがちらほらあったので、

今回はやはり女性だけでなく男性にも非常に注目の高いニュースであるなと確信したのです。

やっぱ理由は、福山さんだからでしょうな。

 

福山通運の株が急上昇したという話題もあったし、女性の地らからだけでは株が跳ね上がることはないので、やはり世の男性陣は福山さんのニュースに大きく反応しているという裏付けも見つけました。

福山通運の株が上がったのが福山さんのせいかどうかは定かではないが面白いので良しとします)

 

なので、今回は

「福山さんの結婚でショックを受けた女性たちが続出!」

ではなく

「福山さんの結婚でショックを受けているおじさんたち続出!」

のほうが、正しいのではないか、と思うのです。

というか、メディア的には目新しくて面白いのではないかと思うのです。

以前使われたフレーズを使い回すのではなく。

 

 

おじさんたちの気持ちはきっとこうではないでしょうか。

 

「この人は、男前で歌上手いし完璧やけど、結婚だけはせーへん(できへん)と思ってたのに…(しかもあんな清楚系女優かい!)」

 

こんな完璧な人でも結婚には至らんてことやな(しかも相手は綺麗なお姉さん)、という気持ちをひっくり返されたところに、悔しさやショックを受けている人が多いのではないかと。

 

ということで、女性たちが会社を休む〜的なネタはもう面白くないので

私は「おじさんたちショック」のネタを支持します。

 

 

ちなみに、なんですが

相手の吹石一恵もけっこうな有名な女優さんではあるのに、世間一般では相手のことがことごとく触れられてないですよね。

吹石一恵さんでよかったー」とも「吹石一恵かよ!ゆるせない!」とも。

この沈黙、逆に強くないですか?

つまり、そういうことかなと(笑)