ライター・コマツマヨのブログ

ライター・コマツマヨのブログです。主に女性向けの情報サイト、HPライティングなど、ライティング全般に携わっています。お仕事のご依頼はメッセージにてお待ちしております♪

マザコンと親思いのボーダーラインは?

こんにちは、コマツです。

以前より記事を執筆しております恋愛.jpで新しい記事を寄稿しました。

 

最近前よりもたくさんの恋愛相談を読者からいただけるのでありがたいことです。

人の話を聞くのが好きな私にとってはすごい嬉しい環境なり。

 

今回のお悩みは、マザコンと親思いのボーダラインについて。

自分の彼がマザコンなのか、親思いの範囲内なのか、ということですね。

ren-ai.jp

 

ザコンか親思いかというのは、相手の育った環境と自分の育った環境によって大きく変わってくると思います。

お母さんの夕飯の買い物についていくだけでもマザコンだと思う人もいれば、お母さんと休みの日にお出かけしても”親孝行”だと考える人もいますしね。

 

ただ、これって付き合う側(嫁も含む)の彼女としての考え方もあると思うんですよ。

彼が、ごく一般的に親思いの域で母親と接していても、

「その時間あるなら私と会ってよ!」

「母親と電話してるなら私の電話をもっと長くしてよ!」

「お母さんより嫁を大切にしてよ!」

という、独占欲や自分の方が優位に扱われたいという感情があればあるほど

親思いの彼の態度に敏感になってしまいますよね。

 

彼の母親が気に入らない、上手く付き合えないなど、嫁姑問題のように反りが合わない関係だったときも、その怒りが彼に向いて”マザコン野郎め!”と思ってしまうこともあるでしょうし。

 

私の経験上、ある程度の親思いはすごく良いことだと思います。

彼女の言いなり、嫁の言いなりになる男なんて結局自主性もなく意見の言えない男だと思うから。

自分の意思で親をどうしてあげようこうしてあげようと考えられるなら、いざ結婚して自分の家族にも同じように接することができる(可能性がある)と思うんですよね。

 

まぁ、これで結婚してもお母さんだけに優しく、嫁・子供にはそうでもなかった場合は真のマザコン確定かもしれないですけど(笑)

結局マザコンかどうかを見極めるのは、結婚しないとわからないということですかね。