ライター・コマツマヨのブログ

ライター・コマツマヨのブログです。主に女性向けの情報サイト、HPライティングなど、ライティング全般に携わっています。お仕事のご依頼はメッセージにてお待ちしております♪

災害に対する傾向のお話のはずが、奈良県の話になってしまった件(笑)

こんにちはコマツです!

女子力アップNOTEで新しい記事がアップされました。

 

g-po.jp

 

私は災害のない奈良県のど真ん中に生まれ育ちました。

ただでさえ、奈良県民は非常に災害に疎い県民性です。

数年前、十津川村で大きな土砂崩れとかがありましたが、県の真ん中から下は全て山林地帯で、奈良市から十津川村まで行こうものなら4時間も5時間もかかっちゃうようなところです。

だから、他県の人に「奈良も大きい災害あったよね」なんていわれても、

「よその県のこと?」

くらい自分には遠い話と受け取りがちで、”対岸の火事”以上のリアリティのないことと受け止めている人が非常に多いです。

 

そもそも、奈良県は大昔には都として栄え、今でも世界最古の仏像や寺、なんかわからんけど昔の宝物などそういうものは全て奈良県にあります。

そして奈良県はどんくさいのであまり観光向けに丁寧な手入れもしないため、「何百年もそのままの状態なの?」というほどすごく適当に重要文化財や国宝が置かれていたりもします。

まぁこれは、建造物自体が現代の建築工法ではなく昔のままの場合が多いので(ようするに古い)、中に置いてあるものの保存状態のもいいというわけなのですが・・・

 

つまり何が言いたいかというと、奈良県民は

 

「何百年も何千年も、何もせずそのままの状態で寺や仏像があるんだから、この先もそんな大層な災害は起きないよ」

 

と、信じきっているということです。

 

実際に、日本中に被害を及ぼす大きな台風が来ていても、近畿地方が全て警報が出ているにもかかわらず、奈良県は警報はおろか注意報も出ていない地域も多く、小学生・中学生時代には台風や災害による休校の経験がほとんどない奈良県民。

雨降ってても風吹いてても、隣県が大荒れしてても学校や仕事に生かされるし、奈良県の私鉄・近鉄電車はよっぽどのことがない限り電車が止まったりしない頑張り屋さん。(奈良交通はお天気でも遅れますが・・・)

こんな環境では、危機管理能力や災害に対する意識が低くなってしまっても仕方のないことなのかもしれません。

 

とはいえ、最近では予想外の災害が起きたりしているため

災害に疎い奈良県民であれど、いざという時の備えは他県水準同様持っていた方がいいということです。

 

奈良県民の話としてご紹介してきましたが、

テレビを見ていると、こんな奈良県民と同様の考えで

下手すりゃもっと危険な考えを持っている人たちが全国に非常に多いということに気づきます。

 

危険な考え①

「わしは30年この土地に住んでるけど、こんな大きい災害はなかった」

たった30年そこらしか住んでいないのに、その土地のことを全て知った気になって避難が遅れた住民。そりゃそうでしょう、30年のうちに災害があれば引っ越すなり対処するなり何かしているはずですから、災害に遭うことも救助されることもないんだから。

 

危険な考え②

「周りが避難していないから自分だけできない」

これは少しわかる気がします。日本人は他人と足並み揃えないとダメな生き物ですから、自分の家族だけ避難したら「あらやだ大層にww」などと馬鹿にされるのも嫌ですし。

でも結局、こういう理由で濁流にのまれたり家に押しつぶされた人も少なくないですよね。

 

危険な考え③

「まだ大丈夫かなと思った」

実際災害が起きればテレビもラジオもなくリアルタイムで被害の状況を知ることもできないのに、素人の自分のものさしで「大丈夫」なんて思い上がりもいいところです。

今まで大きな災害をテレビで見ていて、遠目から川や山が崩れたり、津波が押し寄せてくるのを見ていただけで「自分はその前に避難すれば大丈夫」と思い込んでいる人は最も危険。

 

危険な考え③

「川がどのくらい溢れてるか確認しないといけなかったから」

毎回これでなくなってる人や救助されてる人がいますが、これは単なる馬鹿ですね。

この人が川を確認する必要もなければ、余計な被害を増やす必要もないわけです。大概が「様子を確認しに行った」という無意味な行動からくるもの。

 

とまぁ、こういうわけで

鈍臭い県民性+数百年大丈夫だったというそこそこの根拠がある奈良県民よりも危険な場所に住んでいる人が

これほど危険な考えや甘い考えを持っている人が多いですから

この考えは日本全体で改めて行かないといけないなぁと思うわけなのです。

 

というわけで、

今すぐ起きてもおかしくない災害時に、大切な命と大切な家族を守るため、

自然災害に備えよう!いざという時に必要な女性のための防災グッズと災害時の心得 | 女子力アップNOTE

必見です!

 

 

災害の話したかったのに、なんか奈良県の話で大幅に占めてしまいました(笑)