ライター・コマツマヨのブログ

ライター・コマツマヨのブログです。主に女性向けの情報サイト、HPライティングなど、ライティング全般に携わっています。お仕事のご依頼はメッセージにてお待ちしております♪

ミクシィは面白かったなぁ……と思う人、手あげて。

ミクシイに過去書いた日記が明るみに出て黒歴史が発掘されるぞ!

 

なんて話題が最近飛び交っておりました。

(あ、商業コンテンツじゃないので正式名称とか考えずにかいてます。)

 

これって、あるアーティストのアルバム再販?(うろ覚えw)に際して「過去日記をリライトしようぜ」みたいなコラボキャンペーンなんだとか。

なるほど、そういうことか。

わたしゃてっきり、今問題のDeNAの丸パクリ記事……もとい「り・ら・い・と」記事に関係してるのかと思ったよ。

(そんなわけないか)

 

そんな話を受けて、最近古い友人とミクシィを覗き込むことがありまして

皆口々に言ったのが

 

ミクシィのころって面白かったよな」

 

という言葉でした。

もちろん今賑わっているSNSの方が面白いと思う人もいるだろうけど

なんだろ、こう

 

ミクシィやってた頃は、発信したい人が楽しんで発信してたよね

 

みたいな感じで。

自己紹介とか興味あることとか、なんとなく書かないといけない雰囲気だったし

トップページにしっかり反映される以上、やっぱちゃんと書かないといけない雰囲気だったし

そうなるとやっぱりミクシィやる人は必然的にそういうこと好きな人が比較的集まって

やりたくない人とか見るだけの人とかはあまり積極的ではなく。

ミクシィの機能は、もちろん今のSNSにもある機能ばかりなんだけど、

なんというか、使っている人や活用している人の層が全然違って、

今みたいにお愛想で「いいね」ってしたり、物事を深く掘り下げて書いたりとかが少なかった気がするのです。

 

良し悪しはいつの時代も何を使っていてもあるだろうけど

あの頃はSNSがまだ普及していない頃だったから盛り上がっていたというのもありますよね。

私たちだって10年から15年若かったわけだし。

10年15年前は自分的には最悪黒歴史時代ですが、それでもミクシィ楽しかったなぁなんて思うので、けして若い頃の自分が青春してたから楽しく感じるという錯覚でもないよう。

 

重ねていうが、今主流のSNSでもミクシィと同じように活用している人もいるけれどね。

 

今のSNSは、いいこと便利なこと綺麗事ばっかりが多く並びすぎて

なんだか人間のつながりがが浅く広くだなあって感じてしまう。

 

浅く広くの付き合いが苦手な人間からすると余計にこう感じてしまったりします。

 

もしみなさんの中に、「ミクシィ面白かったなぁ」何て思う人がいたら教えてください。

どんなところがおもしろかったですか?