ライター・コマツマヨのブログ

ライター・コマツマヨのブログです。主に女性向けの情報サイト、HPライティングなど、ライティング全般に携わっています。お仕事のご依頼はメッセージにてお待ちしております♪

あけましておめでとうございます。今年の目標は「頭お花畑パッパラパー妊婦」反対運動を起こすこと

あけましておめでとうございます。

本年も是非コマツの文章を楽しんでくださいね。

 

さて、タイトルはちょっと盛りました。

しかし、今年は日本の「子供産むことが正しい」みたいな風潮に悩まされなないよう女性を応援する活動がしたいです。

 

私は子供が一人いますが、こうして幸せに暮らしている今でも、選択肢の一つとしてやっぱり子供がいない人生を歩んでいてもいいと思っています。

日本は子供を産む人がなんとなく偉いというイメージがあり、子供を産むことが女の幸せだと思わされて

それから逸れるようなことをちょっとでも口走ると、関係のある人も関係のない人も

姑根性むき出しで

「お前も子供産めよ」

「子供を産んで子育てを(女としてあたり前の生き方を)しろ!」

と言ってくるわけです。

さらには

「さっさと結婚してさっさと子供産め」

「結婚したら子供でしょ?すぐ!」

と言ってくるわけです。

めんどくさいですよね、姑根性。

しかし、世の中には自分のやりたいことをやりきったり自分の生活をきちんと確立して

満を辞して子供を産みたい人や

子供がいない人生を歩みたい人だっているわけです。

そういう考えを持っているのに、周りの目や周囲の風潮に流されたり負けてしまったりして

自分の準備ができていないのに結婚や子供を持つステージに進んでしまう人が多いもの。

結果的に幸せになればいいのですが、やっぱり「結果」が出るまでに相当悩む人は多いのです。

私がそうでしたから。

 

前置きが長くなりましたが、

つまり今年は私のように、「子供を産むことほど幸せなことはないよね!」なんていうような人にうんざりしている女性を応援できるような活動をしたいと思っています。

なんだろなぁ、頑張らない女の生き方応援?といいましょうか。

子供を産むことが正解じゃない人や、子供を産むことは考えているけど世の中の“頭お花畑パッパラパー妊婦”のような考えにはちょっとついていけない人なんかに

あなたはそのままでもいいよ、実際世の中にそんな人たくさんいるから安心してねっていってあげられるような活動がしたいです。

 

一緒に何かできる方も募集します。(まだ何にも具体的に活動してないですけどw)

 

新年早々よくわからない内容でスタートしましたが

コマツのブログは、完全オフモードの時に思ったことを深く考えずに書いているので

かるーく受け流しちゃってくださいね。

 

ことしもよろしく!